賠償共済のご案内

会員の皆様を対象に、食品営業賠償共済を斡旋しています。

詳しくは、協会事務局(℡ 0791-63-0706)までお問い合わせください。

(1)食品営業賠償共済

    提供した飲食物原因で食中毒が発生した場合、治療・入院等に要した費用(対人補償のみ。その他

   オプションあり。)に対し、損害賠償金等が支払われます。

   【掛け金の例】飲食店で年間売上額が3,000万円までの場合

          年額2,700円/口数 で5,000万円/口数までの支払いが受けられます。


(2)あんしんフード君

    食品営業賠償共済による補償の他、業務中に謝ってお客様の福を汚した場合や、飲食物以外の原因による

   事故(滑って転んだ、靴を盗まれた)等、手厚く補償が受けられます。

   【掛け金の例】飲食店で年間売上額が3,000万円までの場合

          年額8,500円/口数 で1億円/口数までの支払いが受けられます。


 ※ 食品衛生協会独自の補償

   (1)、(2)いずれも、損害保険部分で支払われる保険金の10%(1,000万円限度)が、特別費用

   として支払われます。お見舞いに要した交通費や連絡経費、衛生教育費等に使えます。

    この他、営業施設が火災に遭った場合には、お見舞金(最高10万円)が支払われます。


(参考)

  公益社団法人日本食品衛生協会ホームページ「食品営業賠償共済」へリンク