揖龍佐用食品衛生協会の概要

(1)設立日  平成21年4月1日

        揖龍食品衛生協会と佐用郡食品衛生協会が合併し、設立されました。


(2)目的(会則第2条)

    本会は、飲食に起因する衛生上の危害の発生を防止し、食品衛生意識の向上と知識の普及啓発に努め、

   もって公衆衛生の向上及び増進に寄与することを目的としています。


(3)主な事業

  ①食品衛生講習会の開催

    会員の皆様を対象に、毎年7月頃に開催しています。

  ②食品衛生責任者養成講習会の開催

    食品関係営業者に設置義務のある食品衛生責任者を養成するための講習会を開催しています。

  ③食品営業賠償共済の斡旋

    会員の皆様を対象に、食中毒等の事故に備えた、安価で加入できる賠償共済を斡旋しています。

  ④表彰制度

    衛生管理が優良と認められた施設への「優良施設表彰」や食品衛生の発展に貢献された方への「功労者

   表彰」を行っています。

  ⑤食品衛生指導員による巡回指導

    食品業界の自主衛生管理を推進するため、会員の中から「食品衛生指導員」を委嘱し、営業施設を

   巡回・指導しています。

  ⑥衛生資材の販売

    消毒用のアルコール製剤や手洗い用の消毒石けん、営業許可に必要な温度計などを販売しています。

  ⑦その他

    会員の皆様の営業許可証を代理受領し、店舗等へ無料で郵送しています。

    営業許可申請等に必要な「兵庫県収入証紙」を販売しています。

    食品衛生に関する啓発用のポスターやリーフレットを配布しています。


(4)組織

    当協会は、公益社団法人日本食品衛生協会を本部とし、その支部である一般社団法人兵庫県食品衛生協会

   の支所として位置づけられています。

    全国に59支部(都道府県・指定都市)、713支所(保健所管内)が設置され、活動しています。


(5)会員

    会員は次のとおり分類されており、いただいた会費は、上記(3)の各種行事等に使用しています。

   ①正会員

     たつの市、揖保郡及び佐用郡内に営業許可を有する法人又は個人

   ②賛助会員

     本会の趣旨に賛同し、協力を申し出た法人又は個人

   ③特別会員

     正会員であって、特に会費納入に格別の配慮・協力を申し出た法人又は個人